アパート修繕比較、収益物件修繕比較、外壁塗装比較、防水塗装比較、屋上塗装比較、鉄部塗装比較、屋根修繕比較、

収益物件 アパート オーナー様向けに、『アパート修繕見積もり比較』 を通じて経費削減をサポートするサイトです。

オーナー様がするべきこと

オーナー様がすべき事

・収益塗装実績が豊富な業者を選定する
・入居者への協力依頼を何回か出し、周知させること
・特殊な入居者がいる場合、その事実を塗装業者に伝えること

収益塗装実績が豊富な業者を選定

収益物件はオーナー様の所有物、塗装工事を行う権利はもちろんオーナー様にあり、入居者に許可を求める必要はありません。

ただ、だからといって何もしなくてもいいというわけではありません。収益物件の塗装が分譲マンション、一般住宅と少し異なることがあります。

それは、入居者が建物の所有者でないため、資産価値を保つための必要不かけてな工事という認識を持っていないことです。このため、稀に非協力な入居者もいたりします。

塗装業者選定の際、収益物件の実績が多く入居者対策に慣れた業者の方が安心です。オーナー様は、このような業者を選ぶ必要があります。

入居者への協力依頼を何回か出し周知

入居者にとって、オーナー様から何の連絡がない状態で塗装業者から、塗装の連絡を受けると混乱の原因になります。事前に何回か、全入居者に連絡を何回か、複数の方法で行い、周知させることが必要です。

特殊な入居者がいる場合、その事実を塗装業者に伝えること

例えば、病人、受験生、赤ちゃんなど個人情報に配慮してお伝えすることで、業者は出来る限りの対応はしてくれるはずです。同じ騒音、臭いでも『配慮』によって軽く感じたりするものです。

powered by HAIK 7.1.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional