アパート修繕比較、収益物件修繕比較、外壁塗装比較、防水塗装比較、屋上塗装比較、鉄部塗装比較、屋根修繕比較、

収益物件 アパート オーナー様向けに、『アパート修繕見積もり比較』 を通じて経費削減をサポートするサイトです。

クーリングオフ

クーリングオフ

塗装業者は、クーリングオフを受けた場合は理由の如何を問わず受けなければならないとされています。 この際、施工を開始している場合は、現状復帰までも塗装業者の負担で行わなければなりません。

これらの理由から、契約の締結からクーリングオフが出来なくなる8日間は施工を行わないので普通です。施主様としては、8日以内であれば納得がいかない場合は一方的にキャセルすることができます。

なお、8日とは塗装業者の受け取り日ではなく、発信日が有効日付とされており、簡易書留郵便、又は内容証明郵便で送付することにより、送付の証拠を残すことができます。

これは『特定商取引法に関する法律』に定められております。ただし、塗装業者の会社に訪問しての契約、事業者としての契約の場合は適用対象外となりますのでご注意ください。

クーリングオフの立法趣旨は、訪問してきた悪質な業者に強要されて契約させられた契約を無条件に解除できることによって、消費者の利益を守ることを目的としているからです。

塗装業者側の対策としては、契約内容に不備、虚偽の記載がない事、例えお客様の強い要望があった場合でも、クーリングオフ期間は施工を開始しないといった対応が必要です。

powered by HAIK 7.1.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional