アパート修繕比較、収益物件修繕比較、外壁塗装比較、防水塗装比較、屋上塗装比較、鉄部塗装比較、屋根修繕比較、

収益物件 アパート オーナー様向けに、『アパート修繕見積もり比較』 を通じて経費削減をサポートするサイトです。

シーリングの種類

シーリングの種類

塗り替えで必須のシーリングの打ち替え、主なシーリングの種類と、仕様箇所、特徴は以下のとおりです。

アクリルシーリング

ALC板の縦目地い使用する、新築時のALC板の目地に使われる、耐朽性がないので改修時には殆ど使われない。

ポリウレタンシーリング

冊子の窓まわりに使用する、耐朽性は強いものの、そのままの上程では紫外線に弱い、また誇りをすいすけて汚れやすいので塗膜で覆って利用する

ポリサルフォンシーリング

PCカーテンをーるなどで使用、シーリング材としてはバランスが良く、石材やタイルの外壁に適する。しかし、塗料との相性は良くなく、表面がべたつき汚れやすいので塗り替えには適さない。

変性シリコンシーリング

紫外線に強く、乾燥後は埃も付きにくく、仕上げ面として使用する。''住宅外装のサイディング改修時’’に使用する。

シリコンシーリング

ガラス止めに使用、透明で目立たないため、主にガラス留めに使用しています。塗料との相性はわるく、塗料を弾いてしまいます。

●【打ちまし&打ち直し】
シーリングも劣化しますので、外壁等の改修時のシーリングは打ち直しが必要です。 『打ち直し』とは、従来使われていた古く、劣化したシーリングを取り除いてから、プライマーを注入した後新たなコーキングである変性シリコンシーリングを注入剃る方法です。

これに対し、『打ち増し』ちは劣化したコーキングを取り除かずにその上からコーキングを追加する工法です。古い劣化したコーキングは機能を停止しているので、その上に新たなコーキングを追加しても本来の機能を発揮できません。

工数が掛からずコーキングの量が少なくて安くできる『打ち増し』が多く使われたいますが、『安物買いの銭失い』になると思います。

塗装の目的が『保護』なのにそれを果たせなくなるからです。

画像の説明

powered by HAIK 7.1.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional