アパート修繕比較、収益物件修繕比較、外壁塗装比較、防水塗装比較、屋上塗装比較、鉄部塗装比較、屋根修繕比較、

収益物件 アパート オーナー様向けに、『アパート修繕見積もり比較』 を通じて経費削減をサポートするサイトです。

塗料の劣化

塗装の劣化

画像の説明

塗装は経年変化して、左図のように、塗装、効果、劣化の様に硬度が変化していきます『塗装』は『素地の保護』を目的とするので、劣化の症状が出る前に行うことで、下地補修擦る必要もなく、最も効果的かつ長期的に安価に維持することができます。

画像の説明

塗料の種類によって、耐候性が大きく異なります。環境によって大きく異なりますが新築後8年、その後10年に一回の塗装が一般的な目安である。

耐朽性を考えると現状フッ素系樹脂が飛び抜けて優れているが、価格も飛び抜けているのでその次に耐候性のあるシリコン系塗料が現在最も費用対効果がよくカラーバリエーションが豊富なので広く使われています。

左図は、塗料の種類ごとの光沢と経年の関係を表したグラフです。 これからもフッ素系塗料の優秀さが証明されていますが、これをわずかに下回るのがシリコン系塗料です。 ここからも、シリコン系塗料のコストパフォーマンス性の良さがわかります。

退色

現象

時間の経過と共に、初期の色に対し褪せてくる現象

原因

・塗膜のビヒクル(塗料に含まれている色素)の分散が不均一になる
・ビヒクルの着色
・ビヒクル自身の化学変化
・通常退色を促進する要素として、光、酸素、水分、酸、アルカリなどの
薬品類が挙げられる。

対策

・塗料の選択、光の透過を遮断する顔料を検討する
・抵抗性の良いビヒクルを使用する

クモリ

現象

気温低下のために起こる塗膜変化、油性塗料が屋外で風化作用を受けて光沢を失っていく現象

原因

・塗膜の劣化によりビヒクルが切断されその粉末が付着
・水滴の付着、油を含有した埃の付着

対策

クモリの発生時点の対策はない、つやあり塗面に薄いクモリを生じた程度では、布でこするとクモリが消えることがある。 アクリル系樹脂系塗料は磨くと戻る。耐候性のある塗料はクモリの生じ方が遅い。

白亜化

現象

塗膜中のビヒクルの付着力が減退し、塗装表面に霧がかかるように白く粉化状になる老化現象。

原因

塗膜中のビヒクルが光や大気中の酸素の影響を受けて塗膜の結合が分断され、分解して白い粉末となって密着性を失う、
・湿度80%以上の気象条件で塗装した
・高温多湿時に乾燥の遅いシンナーを使用した。

対策

白亜化は劣化現象のために、完全に防止することは出来ないが遅らせることはできる。
・高温多湿時には乾燥の早いシンナーを使用する
・ブラッシング(白亜化、チョーキング)の傾向が出た場合は、ただちに塗装を中断し、ハンディーライトなど適当な熱源で温める。
・塗装直後に塗面を温める。
・スプレーガンのエアー圧をあまり高くしない(エアー圧が高いと、シンナーの蒸発が促進される)

powered by HAIK 7.1.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional