アパート修繕比較、収益物件修繕比較、外壁塗装比較、防水塗装比較、屋上塗装比較、鉄部塗装比較、屋根修繕比較、

収益物件 アパート オーナー様向けに、『アパート修繕見積もり比較』 を通じて経費削減をサポートするサイトです。

大規模修繕プレゼン注意事項

大規模修繕業者プレゼン注意事項

管理組合さんが仕様書を元に数社から見積もりをとり、数社に絞り込んだ後行なうのは、区分所有者を集め数社の大規模修繕を自社施工する業者さんにプレゼンをしてもらう事になります。

プレゼンを行なうにあたって、注意するポイントについてお話します。いずれも当サイトの失敗談を元になっており、これを繰り返さないようにと思い公開を致しました。

管理会社フロントマンを区分所有者と同じ席に入れない

大概の場合管理会社の親会社がマンション建設会社で、大規模修繕ンお候補会社に入っていることが大多数です。

この場合、管理会社は公正、中立自社の立場になく、自社グループの利益誘導に走る可能性があるためです。マンション長期修繕計画は、管理会社の長期利益計画となっています。

業者のプレゼン間隔を広めにとる

理由)業者通しが鉢合わせをして、最悪談合を始める可能性がある。大概、業者は早めに到着をして待機していますので、プレゼン後の質疑応答が長引いた場合は注意が必要です。

理想は約1時間、合間には通常の議事、昼食を入れるのも一手法です。

間隔を開けることが出来ない場合、入り口と出口を別にする、待合室を作るなどの工夫を行い、業者同士が合う機会を防止する工夫をするといいと思います。

事前に聞きたいテーマを伝える(例:貴社の独自の提案があればお話ください等)

理由)テーマが同じで各社がプレゼンすることで比較が容易になること、また質疑応答の時間節約にもなる。

見積もり依頼時にプレゼン日程も予め通知

理由)直前(一ヶ月以内)に特定日に日時指定を候補の複数業者に掛けても調整できない事がある。プレゼンには区分所有者が多く
集まるので複数日にわたっての開催は、望ましくない。

5)おおよそのプレゼンを見る人を業者に伝える
理由)資料を業者が作る際、全くわからないと困ることが多く、また不足すると不便なため。

ざっと、当サイトの失敗経験を踏まえ、うまく行なうためにはどうすればよいかをまとめてみました。

参考になれば幸いです。

powered by HAIK 7.1.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional