アパート修繕比較、収益物件修繕比較、外壁塗装比較、防水塗装比較、屋上塗装比較、鉄部塗装比較、屋根修繕比較、

収益物件 アパート オーナー様向けに、『アパート修繕見積もり比較』 を通じて経費削減をサポートするサイトです。

契約書

契約書見積書、注文請書)

品質体制作りの項でもお話ししましたが、塗装業者は施主様との無用なトラブルを防止するため、より安心して頂くためには、施行前の契約書の締結が有効です。

ただ、契約書の様式を取らず、見積書、注文請書の形式で塗装工事の内容を書面で取り交わすことによって、同様の効果を得られる。実際は、この方式を大部分の塗装業者が採用している。

施主様としては、以下のことが明確に記載されていれば様式にはとらわれず、安心できます。

契約書に必ず含めるべき項目

1)契約者
2)工事金額
3)工事内容(必要に応じて下記の書類を添付)
  ・塗装範囲(図示がお勧めです)
  ・塗装仕様(部位別、塗料名、塗装回数等)
  ・納期、工程表
4)保証内容
5)連絡&報告

必ず、塗装工事前に書面で仕様を取り交わしましょう。これがないと後々トラブルになったときに水掛け論になってしまいます。

可能であれば、これを確実に施工したことをどのように証明するかも話し合ってください。 良心的な塗装業者さんであれば、当日の施工記録を当日、又はまとめて完了後 説明をしてくれるはずです。

保証内容

収益物件には、定期的なメンテナンスが不可欠です。次回の塗装はいつにするか、その前に不具合が発生した場合の保証等をしっかり書面で残すことで思わぬ出費を防ぐことができます。

中には、『●●年後の定期点検(有料)』を条件にしているケースもあります。このところは重要ですのでよく確かめておくことをお勧めします。

連絡&報告

工程毎に、どの様な形で案内、報告をするかを予め決め、それを書面で残しておくことをお勧めします。入居者への案内、塗装後の報告等過去の事例等で事前に確認を取ると安心です。

powered by HAIK 7.1.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional