アパート修繕比較、収益物件修繕比較、外壁塗装比較、防水塗装比較、屋上塗装比較、鉄部塗装比較、屋根修繕比較、

収益物件 アパート オーナー様向けに、『アパート修繕見積もり比較』 を通じて経費削減をサポートするサイトです。

建物診断とは

建物診断とは

建物診断、別名劣化診断とも呼ばれます。建築の専門家による建物の劣化状態を診断して、その対策案を提示することです。 プロジェクトに例えると『現状把握』に相当します。まずは、建物のどこが傷んでいるか を把握するための診断です。

この作業は必要な作業ではありますが、『どの業者に任せるか』が選択できることを知ることが大事です。

専門家

ディベロッパー(管理会社)、工務店、設計事務所等の専門家に施工費用とは別に費用を支払い、建物の劣化して補修の必要な箇所、修繕方法、修繕価格見積もりを出してもらうことも出来ます。

この他、施工業者選定のアドバイス、実際の施工が適正に行われているかを第三者的にチェックする『監理』も合わせて依頼することも出来ます。

この事を『設計・監理方式』と呼ばれています。専門家に数百万円の費用を施工費用の他に支払う、おまかせコースです。

施工業者

専門家の中に施工業者も含まれます。上記『専門家』は施工費用の他に費用が必要ですが、『施工業者』の場合は、設計、施工、監理をすべて一社で行うので、その必要がありません。

施工業者により、『劣化診断費用』料金はまちまちです。施工を請け負わせてもらえるなら無料といった業者も存在します。 一般民家の塗装、それに類するような小規模の木造物件では、『見積もり無料』が一般的ですが、これ以外の物件に関しては一般的に有料です。

それは、一般民家の場合は訪問してはしごを掛け、寸法を測り見積もりを出すには、数時間しかかかりませんが、物件の規模が大きいと丸一日以上掛かるので、無料にすることがなかなかできないのです。

当サイトのお勧め

当サイトのお勧めは、複数の業者の『簡易診断』で提案を受け、その提案内容で施工業者を決め、その業者に施工を発注を条件に『無料』で依頼する方式です。

簡易診断であれば、数時間で完了するので無料対応してくれる業者もいるので、そのような業者を選択するのも一手法と思います。

また、管理会社からの劣化診断が終わり、管理会社からの『見積もり』がある場合、そのまま発注せずに数値だけを隠してコピーしたものを複数の施工業者に渡し、相見積もりを取るのも優れた手法です。

当サイトではこのような場合、すぐに概算見積もりを依頼できる、ゼネコン、工務店、大手リフォーム会社が丸投げで仕事を依頼する先の施工業者を当サイトのPartnerさんがおり、同品質で格安な施工の提案ができますので、ぜひ、一括外酸味料見積もり をご利用下さい。

powered by HAIK 7.1.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional