アパート修繕比較、収益物件修繕比較、外壁塗装比較、防水塗装比較、屋上塗装比較、鉄部塗装比較、屋根修繕比較、

収益物件 アパート オーナー様向けに、『アパート修繕見積もり比較』 を通じて経費削減をサポートするサイトです。

消防法

消防法

『塗装』と『消防法』何が関係あると、思われる方も覆いと思います。実は『塗料』は法律に定められた『危険物』なので、塗装業者は消防法による法規を、遵守する義務があるのです。

優良な塗装業者は、『責任者の設置』、『必要な設備』等法令遵守をしているものです。これらよりも、しっかりした業者か、そうでないかも見分けることができます。

消防法とは『火災を予防し、警戒し及び鎮圧し、国民の生命、身体及ぼ財産を笠井から保護するとともに、笠井又は地震塔の災害に関わる被害を軽減し、もって安寧秩序を保持し、社会公共の福祉の増進に資することを目的とする』と目的を定めています。

具体的に、多くの『塗料』は第4種の『引火性液体』に分類されます。
詳細は以下のとおりです。

危険物の種類・性質・品名

第一種

酸化性固体:塩素酸、過塩素酸、亜塩素酸、臭素酸、硝酸、等
これらは、燃焼しないが可燃物と混合して激しく燃焼する)

第二種

可燃性固体:硫化リン、硫黄、鉄粉、金属粉、マグネシウム、のいずれかを含有する物

第三種

自然発火物質、及び禁水性物質:禁水性物質とは、水と爆発的に反応し、可燃性、爆発性、或いは有毒ガスを発生する物質の事。カリウム、ナトリウム、アルキルアルミニウム、アルキルリツウム、黄燐、及びいずれかを含有する物

第四種

引火性液体:塗料の多くが個々に分類される。特殊引火物、第一種石油類、第二種石油類、第三種石油類、第四種石油類、動植物油類

第五種

自己反応性物質:自己反応性物質とは、加熱分解して熱を発生し爆発する物質、有機過酸化物、小さんエステル類、ニトロ化合物、ニトロソ化合物、アゾ化合物、ジアゾ化合物、ヒドラジンの誘導体その他政令で定めるもの及びそのいずれかを含有するもの

第六種

酸化性液体:酸化性液体とはそれ自身は燃焼しないが、他の可燃物の年商を促進する物質、過塩素酸、過塩化水素、硝酸、その他政令で定めるもの及びそのいずれかを含有するもの

また、塗料が属する第四種には指定数量の制限があり、制限を超える貯蔵を行なう場合には危険物保安統括管理者、危険物保安監督者、危険物取扱者を定め届け出なければならない。

第四種危険物の品名と性情は以下のとおりである。

特殊引火物

ジエチルエーテル、二硫化炭素、 指定数量:50ℓ

第一種石油類

アセトン、ガソリン、非水溶性液体、ラッカ―、シンナ 指定容量 200ℓ
          水溶性液体         指定容400ℓ

アルコール類

一分子から構成する炭素の原子の数が1個から3個までの飽和一価アルコール  酒精塗料用シンナーなど  指定容量 400ℓ

第二種石油類

灯油、軽油、その他 非水溶性液体 ニトロセルロースラッカー、
                 酒精塗料、合成樹脂塗料
                 指定数量 1,000ℓ
          水溶性液体  指定数量 2,000ℓ

第三種石油類

重油、クレオソート 非水溶性液体 油性系塗料、合成樹脂エナメル塗料
                 指定数量 2,000ℓ
          水溶性液体  合成樹脂塗料  
                 指定数量 4,000ℓ

第四種石油類

ギャー油、シリンダー油      指定数量 6,000ℓ

動植物油

動物の脂肉、又は植物の種子又は果実から抽出した物 ボイル油等   
                 指定数量 10,000ℓ

powered by HAIK 7.1.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional