アパート修繕比較、収益物件修繕比較、外壁塗装比較、防水塗装比較、屋上塗装比較、鉄部塗装比較、屋根修繕比較、

収益物件 アパート オーナー様向けに、『アパート修繕見積もり比較』 を通じて経費削減をサポートするサイトです。

見積書のチェックポイント

見積書のチェックポイント

収益物件の塗装を行うため見積もりを依頼すると現地調査の上、正式な見積書が出ます。この見積書ですが、総額いくらとう事だけしかチェックしないオーナー様が少なくありません。

正式な見積書を出してもらったら、最低でも下記のチェックをすることが大切です。 
※保有される収益物件の現地調査前の概算見積の場合には、あまり明確には内訳が出ない場合もあります。

『**工事一式』

見積書の中に、「一式」という表現があったらチェックが必要です。見積は、きちんとした価格の理由があって作成されています。よって、「一式」という表現があった場合は、「一式と明記されている内容を教えてください」と塗装業者に言って、きちんと内訳を説明してもらうことが大切です。

例えば、外壁塗装一式、これではどの様な塗料を使うかわかりません。塗装面積、塗料の種類(下塗り、中塗、上塗り)は最低見積書に記載するべき項目です。

『●●系塗料』

『シリコン系塗料』のように塗料名でない総称を使う例もありますが、これも塗料名を入れてもらってください。『シリコン系塗料』といってもピンきりで、耐久性のある高級品から、『ほとんどアクリル系の名ばかりシリコン系塗料』まで様々です。

塗料名を検索キーワードにインターネットで検索を行い、その塗料の性能を確認することを強く、お勧めします。また、これらは口頭で説明を受けるだけではなく、必ず書面で残すことがポイントで、後からのトラブルを未然に防ぐことができます。

保証

特に屋上防水工事、外壁塗装を含む塗装は、塗装後は専門が点検しても手抜きは発見できません。 保証を付けてもらい、その保証期間内に剥離等が発生した場合、無料で対応する保証があるかを確認することが重要です。 保証の中には、有料で期間中点検を行うことを条件に保証をしているケースもありますので、この確認も必要です。

廃材処理費

これは見落としがちな項目です。塗装をすれば塗料の缶、シール打をすればそのチューブ、その他廃材が発生します。事業者は家庭ゴミの様に無料で捨てることができません。コストとして、廃材処理費が含まれている業者は優良業者と考えていいと思います。

もちろん、塗装料金の中に含める方法もありますが、本来塗装と廃材の処理は別の工程ですので、分けるのが理想的は見積もりになります。迷った場合は『廃材処理費はどこに含まれていますか?』などと質問するといいと思います。

見積書の項目をチェック

見積書は、収益物件図面を元に、すべての必要コストを計算して算出されます。ですので、どの部分が、見積書のどこの項目にあたるのかをチェックしてみて下さい。 

安く見せるために通常塗装するのが普通な箇所を含めず、後から『追加工事』という名目で費用を取る業者もおりますので、図面、写真と項目を同時に見て消し込んでいくのもいいと思います。

特にオーナー様が要望した内容が盛り込まれているかは、念入りにチェックしてください。

例えば、『ひび割れしている個所の対策』であればこれがどこにっ含まれているかを確認しましょう。 下地処理に含まれているという説明等があれば安心です。

資料を請求する!

所属団体

誤解を恐れずに現実の話をすれば、塗装業者は極論からすると車と塗装道具さえあれば開業できます。塗装は『常に出張しての作業』ですので『事務所』を持つ必要も、『正社員』を雇う必要もありません。注文が取れた時だけ職人を雇い、作業をさせる事も出来ます。組織も『会社』ではなく『屋号』で対応も可能です。

各種業界団体に加盟している事は、本格的に塗装業に取り組んでいる証明にもなりますのでこの点を確認するのも一手法です。

会社案内

歴史が古い会社、実績が多い会社は比較的安心です。中には、当サイトにご加盟頂いているPartner様の様に『3代目』という塗装業者さんもいます。

新規に開業したばかりの塗装業者さんが一概に悪いという訳ではありません。今まで何十年塗装業に携わり独立したケースも多くあり、この場合は新規開業時にすでにベテランの塗装職人がいることになり任せてこ安心です。

ただ、一部にはフランチャイズで素人に毛が生えた程度の業者がいるのも事実です。会社、職人の履歴、職歴、実績等を確認するのも良い塗装業者を選ぶ上のポイントになりますので、ぜひ、ご確認ください。

見積もりに対する説明

見積書を出してもらったら、必ずその見積書について説明を求めるようにすることが大切です。上記2点に注意して、きちんとした説明を受けることで、 後でこんなはずじゃなかったという後悔や、お互いの考えのずれなどを未然に防ぐことが出来ます。

塗装業界は、価格や相場が曖昧ではっきりしない業界です。
ですので、塗装業者も、曖昧なことを良しとして、「あまり知識のないオーナー様」や、「お金を取れるオーナー様」など、"お金を取れることろから取る"とい考えの塗装業者が存在するのも事実です。(もちろん、誠実な塗装業者が大半です!)

そのような、悪質な塗装業者に、お金を必要以上に請求されないためにも、思ったことや疑問点はきちんと業者へ伝えることが本当に重要です。

まずは、無料・匿名で、塗装業者に相談することから始めてみませんか? そして、良心的で適正な見積を出す塗装業者からの提案を受けてみませんか? 詳しくは、資料請求をして下さい。
資料をお読みになり、どの様な塗装、修繕が保有される収益物件の資産価値を貯めてるかをじっくりとお考えください。

塗装見積お助け隊は、オーナー様に地元密着の優良な塗装装業者を紹介する事により、再び塗装を頼みたくなるくらい満足できる塗装工事ができることを願い全力でサポートしてまいります。

理想的な見積もり

理想的な見積りとは、どのようなものでしょうか?それは、各工程ごとに作業名が明記、単位、単価、数量が明らかにされているものが、理想的な見積と言えます。

具体的には、以下のようなものと考えられます。
お手元の見積と比較してみてください。このような見積りを出してくる業者は、良心的な業者の可能性が大です。

画像の説明

画像の説明

資料を請求する!
;

全国平均価格

塗装業者に依頼するとき、品質ももちろん気にはなりますが、一番の関心事は見積価格です。工法、塗料の質等により大きく価格は異なりますがここでは、全国平均価格を提示致します。オーナー様が塗装業者より受け取った見積と比較してみましょう。

【スレート屋根の塗り替え】
          
画像の説明
(積算見積ポケット版リフォーム2010より)

当サイト、アパート塗装比較.Comでは、収益物件のオーナー様に優良な地元密着の塗装業者を紹介することをミッションとしています。

当サイトをご利用頂いた場合のメリット


詳しくは、こちらをクリックください

powered by HAIK 7.1.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional