アパート修繕比較、収益物件修繕比較、外壁塗装比較、防水塗装比較、屋上塗装比較、鉄部塗装比較、屋根修繕比較、

収益物件 アパート オーナー様向けに、『アパート修繕見積もり比較』 を通じて経費削減をサポートするサイトです。

VOCとは

VOCとは

VOCは有機溶剤のことで、光化学スモッグを引き起こす原因物質の。ひとつです。平成12年度の排出量は146.5万トン、このうち塗料が32%を占めています。 塗料が硬化する過程で溶剤が蒸発しその時放出するものです。 

一般的な対策としては、『必要以外に蒸発させない』、(塗装の場合、缶開けっ放しにしない)、『代替材を使う』(塗装の場合、無溶剤系塗料を使う)、『回収する』(塗装の場合、屋外で行うことが多く対策が困難)
があります。

規模が大きくも無い塗装業者でもできる対策があります。 それは、『塗料缶を必要以上に開けない』、『低VOC塗料を使用する』です。

『低VOC塗料』の代表に無溶剤系塗料、俗にいう水性塗料です。最近は性能も良くなり耐朽性も増してきました。臭いも少なく、住みながら塗装を行う住宅塗装においては適しています。『地球&人にやさしい塗料』です。

それは素晴らしいことなのですが、塗装の持つ働きの『保護』の働きが溶剤系と比べると弱いと言わざる負えないのです。極論すると『耐朽性が悪いが、環境に優しい』か『環境に優しくないが、耐朽性がある』との二者択一となります。

技術は、日進月歩で進化していますので、『耐朽性の強い無溶剤け塗料』、『低VOCの溶剤系塗料』も近い将来できてくるかもしtれません。
塗料お選定に関しては、施主様の希望、塗装業者の推奨で決まっていきますので、塗装業者さんと塗料の特性についてよく説明を受けてください。

ちなみに、当サイトの独断と偏見に満ちた見解では『まだ、溶剤系塗料の耐久力に無溶剤系は追い付いていない』ので、ごく最近に塗装をされるのでしたら、コストパフォーマンスの面より、溶剤系塗料を使うことをお勧めします。

外装用(屋根、外壁)用にはよほど化学物質に過敏な方は除き、VOCは神経質になる必要はありません。『地球にやさしい』を『耐久性』より優先したい方には、お勧めできませんが・・

ただ、当サイトでは扱っておりませんが、『内装』については全く別です。シックハウス問題でも取り上げられている『ホルムアルデヒド』は有害な揮発性物質で皮膚炎、気管支炎、肺炎などの原因と言われています。

この物質で調子がおかしくなった場合、有効な対策は『換気』です。この種の物質は空気より重いので、原始的な方法ですが、ホウキで吐き出すことが有効です。

この他『ベイクドアウト』といった方式も有効です。『ベイクドアウト』とは、室内温度を人工的に30~35度まで上げ、化学物質の放出を加速させた後、換気を行う方法です。繰り返しベイクアウトを行うことで、シックハウスの元になる化学物質の量を短期間で減らしていく事が目的です。

現在まだ一般的に使われてはいませんが、『粉体塗料』というものがあります。これは、一瞬で硬化するので、発がん性のある物質を蒸発することがありません。早く、この種の塗料が普及する事を願わずに入られません。

powered by HAIK 7.1.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional