アパート修繕比較、収益物件修繕比較、外壁塗装比較、防水塗装比較、屋上塗装比較、鉄部塗装比較、屋根修繕比較、

収益物件 アパート オーナー様向けに、『アパート修繕見積もり比較』 を通じて経費削減をサポートするサイトです。

ミッション

ミッション

『アパート塗装比較.com』の運営会社である相快ホイールのミッションは『三方よし』&『提供』です。

『三方よし』とは、、近江商人の経営理念当事者の売り手と買い手だけでなく、その取引が社会全体の幸福につながるものでなければならない。

売り手よし、買い手よし、世間よしという「三方よし」に加え『提供』、最初に無料、もしくは非常に安価にサービスを提供し、一定の効果を確認頂いた上で、正式サービスを導入頂く、先に提供するの実現を目指し、日々努力しています。

社名である『相快ホイール』は、相手に快さを提供し、与えられた相手も他人に快さを提供、その輪がホイールのように回り、広がる、最初のきっかけになりたいと考え社名と致しました。

今回『アパート塗装比較.com』を立ち上げたのも、これに基づいています。 

収益物件をを手に入れたのはいいが、維持費が異常に高いという声をよく聞きます。 実は、”高い”と感じるのは即金で払わなければならない金額を計画的に積み立ていないからなのです。

収益物件は、強制的は修繕積立が無い為、つい月々の積み立てを怠り、定期メンテナンスをする時期になり、その費用を即金で捻出できずに先送りし、結果的に建物の寿命自身を短くしているケースを多く見受けられます。

そもそも、定期メンテナンス、長期修繕計画とは何をすればいいかを把握していないオーナー様もたまにお見受けします。塗装というと見栄えを良くする事だけのようにお考えの方も多いのですが、実は『躯体の保護』が主目的なのです。

『少し色褪せてきたけれど、もう少し後でもいいか。特に問題があるわけでもないし。』と考えがちです。色、見栄えだけであれば、個人の趣味で、大勢に影響はありません。

しかし、経年変化で外壁、屋根が劣化防水機能が弱まり、雨水が内部に侵入して躯体自身を腐らせるようになると、もはや『趣味』とは言っていられない事態です。

本来、これを防ぐのが『本来の塗装』なのです。

ある塗装業者さんが『数百万円の車は、一生懸命磨くのに数千万円投資した収益物件の資産価値が下がっていくのをメンテナンスせず放置するのか理解出来ない。』とおっしゃっていました。

『なるほど!』と感じました。

収益物件からインカムゲインを長期間得続けようとするオーナー様がこのようなことをして言い訳がないことは承知はしていても、目先の資金繰りから『もう少しは大丈夫』と先延ばしにするケースはよくあることです。

資産価値を保つのに必要な費用を無理やり削り、数千万円の収益物件を危険にさらすのはいかがなものでしょうか? 

今は、インカムゲイン狙いかもしれませんが、売却時には資産価値が売却価格を決める大きな要素になることはご存知のとおりです。

本題に戻りますが、塗装業界では腕が良いが営業力が不足しているため、元請け経由で仕事をされている塗装業者さんが多くいらっしゃいます。

また一方で、営業力はだけはあるが自社施工せず注文を取ったら利益をたっぷり取り、他社に丸投げするゼネコン、工務店、大とリフォーム会社もあります。

悲しいことに、腕が良いが営業力が不足している塗装業者さんは、会社の経営を維持するため、異常に安い価格でも請け負話ざるを得ない事もあります。 そして、十分な人件費、工数、材料を掛ける事が出来ない という結果になっています。

塗装工事は、『大手住宅メーカー、リフォーム会社に任せ高い料金を出したのだから安心』と思われるかもしれません。

しかし、実際に作業をするのは、大手から安い料金で請け負う下請け業者の塗装業者さんです。施工する塗装業者さんもビジネスですので、職人に誇りはあっても赤字で仕事をする訳にはいきませんので、『費用にあったそれなりの塗装工事』となります。

これでは、高い費用を出して高品質の仕事を求めているオーナー様、そして真面目に良い仕事をしようとする塗装業界さんの両方が不幸だと思います。

そこで、弊社は腕のいい真面目な塗装業者さんをお客さんに直接紹介すれば双方が喜ぶと考えこれを当サイトで実現致しました。

お客さんは、余分な中間マージンなしの価格で質の良い塗装を得られ、塗装業者さんも適正な工数、材料を掛け、質の高い仕事を職人の誇りを持って行うことができます。

そして、家屋自身が長く使わる事により、結果的に長期間建物を使うので廃棄物も減り、微力ながら社会のお役にも立てると考えました。

これらの趣旨に賛同して頂ける自社施工の塗装業者さんが続々と加盟頂いています。塗装をご検討のお客様、ぜひ一度提案、概算見積りを依頼ください。提案、見積りの質自身が違うこと納得頂けると思います。

これはある意味当たり前のことで、誇りを持って、元請けとして適正な価格での注文が取れるチャンスなのですから、特別に力を入れるのもうなずけます。

しかも営業経費もなしでの案件です、相見積もりであることも知っていますので、ものすごく真剣に提案して頂けるのです。

powered by HAIK 7.1.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional