アパート修繕比較、収益物件修繕比較、外壁塗装比較、防水塗装比較、屋上塗装比較、鉄部塗装比較、屋根修繕比較、

収益物件 アパート オーナー様向けに、『アパート修繕見積もり比較』 を通じて経費削減をサポートするサイトです。

塗装工事中に想定される問題点

塗装工事中に想定される問題点

収益物件の塗装時に発生して、トラブルの元となる可能性のある事態は以下の通りです。事前に入居者にお知らせをして、了解、対策をお願いすることで、未然に防止することができます。

日照及び通風・換気の阻害

建物の周囲に足場が書けられたネットで覆われるので、日当たりや通風が悪くなる。

臭気、埃の発生

塗料の臭いや、ゴミ、埃が発生することがある。特に、溶剤系(油性)の塗料はシンナー臭が強い。水性の塗料の場合はこれを防止することができますので、事前に塗料の種類を確認ことでこれを防止することができます。 耐久性との兼ね合いを塗装業者と相談して、塗料を選ばれるといいと思います。

振動、騒音の発生

工事に伴い振動や騒音が発生する。 特に、足場組み立て時の金属音、下地補修に伴う騒音、特に鉄筋の収益物件の場合、コンクリートを削る音等は耐え難いほどの音量になります。 この時、粉塵も同時に発生しますので時間等を詳しく教え、予め『避難勧告』をするのも一手法です。

バルコニー、専用庭の使用

バルコニーや専用庭に置いてある植木鉢やエアコンの室外機の移動が必要な場合があります。これがあると塗装工事ができませんので、事前に撤去するように依頼の

洗濯、物干しの確保

バルコニーに洗濯機がおいてある場合は移動が必要になります。日照が阻害されバルコニーが物干しとして利用できなくなる。個別に室内で物干し場を確保する必要が出てきます。

駐車場の一時使用中止

足場を組む、工事用車両が駐車する等の理由で収益物件の直ぐ側に駐車場がある場合は、車の移動が必要になります。この場合、臨時の駐車場を用意して移動をお願いする必要があります。

powered by HAIK 7.1.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional