アパート修繕比較、収益物件修繕比較、外壁塗装比較、防水塗装比較、屋上塗装比較、鉄部塗装比較、屋根修繕比較、

収益物件 アパート オーナー様向けに、『アパート修繕見積もり比較』 を通じて経費削減をサポートするサイトです。

色彩計画

色彩計画

画像の説明

色彩計画を立てる場合、すべての材料が塗料の様に豊富なカラーバリエーションを持っているわけではないので、固有の建材の色がある場合は、これを考慮する必要がある。

また、建物の種類、使われる目的によっては次の事を考慮して色彩計画を行うと失敗が少ない。 設計図、各部の展開図、色彩計画カード、色見本及び塗見本があると計画が立てやすい。

なお、上図のように部位ごとに標準値を使用していくことによって、違和感のない色彩を選択することができます。

社会性

社会性を持った建物、特に公共性のある建物においては他の同種の建物と同種の色使いをすべきであり、極端な個人的色彩は用いるべきではない。

環境

建物は、中で生活する人、家具、展示物などを引き立てる役割を持つので、強い色彩は望ましくない。

四季

建物は四季を通して使用されるので、四季を通じて快適な色を選ぶ必要があります。

材料の自然色を尊重

材料の自然色をそのまま使う色彩計画を立てると失敗が少ない。この為には他の部分を材料色に適合させる方保を使う必要がある。

powered by HAIK 7.1.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional